便通改善作用

がん予防にも乳酸菌

乳酸菌は人間の腸内に生息しているきわめて有益な細菌なのですが、近年になり、その乳酸菌を対外から取り入れることによって体をより健康な状態に改善するという、プロバイオティクスに基づいた取り組みが活発に行われています。
乳酸菌を外部から取り入れることにより得られる作用の一つとしては、まず、腸内の最近バランス、つまり腸内フローラとよばれているものをより良い形に改善してくれることが挙げられます。
腸内フローラとは、人間の腸内に生息している細菌類のバランスのことを示している言葉ですが、これは、人間の腸内で膨大な数生息している細菌たちがまるで花のような形に広がってそこに定着していることからそう名づけられたのです。

さて、それでは腸内フローラが改善されていくとどのような効果を人間は得ることができるのでしょうか。
まず最初に実感できるのは、排便をよりスムーズに行えるようになるということです。
なんだその程度の効果しかないのか、と思う方もいるかもしれませんが、たとえば便秘に悩んでいる方にとっては、この効果はとてもすばらしいものですし、そうでなくても、腸内に乳酸菌が送られることにより得られる効果はまだまだたくさんあるのです。

乳酸菌がもたらしてくれる驚くべき効果の一つとして、がんを予防する効果があるということを知っておくべきでしょう。
がんはとても恐ろしい病気ですが、毎日乳酸菌を摂ることによってその発祥を押さえ込むことができるかもしれないのです。
どういうことかといいますと、乳酸菌には腸内のバランスを整えてくれる効果があり、さらに、そこから人間の免疫力を高めてくれる効果をあるのです。

さらに、乳酸菌の一種であるビフィズス菌はがんに対して特に顕著な効果を持っていることがわかっています。
ビフィズス菌は、町内に潜む発がん性物物質に吸着し、それをそのまま対外へ排出してくれる効果を持っているというのです。
これにより、恐るべきがんの一つである大腸がんが発症してしまう可能性がかなり削られたことになります。

Copyright(C) 2013 体に必要不可欠な栄養素 All Rights Reserved.