プロバイオティクスを使いこなそう!
メインイメージ

乳酸菌の種類を知る!

実は、乳酸菌というのは「菌」の総称であって、特定の菌を指す訳ではありません。
意外と知られていませんが、乳酸菌の中にも様々な種類があるのです。
ここでは、そんな乳酸菌の種類を細かく解説していきます。

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、乳酸菌の中でも特に知名度の高い菌種。
大腸に多く棲んでいる菌です。

ビフィズス菌は代謝することで酢酸を生み出します。
その酢酸には強い殺菌力があり、有害菌の繁殖を抑えるのに非常に役立つのです。
腸内環境を整えたい方には心強い味方と言えるでしょう。

ただし、そのままの状態では熱や酸に弱いという性質があるので注意が必要です。
身体の熱や胃酸などにさらされることで、簡単に死滅してしまいます。

ビフィズス菌を生きたまま腸に届けるには、特別な加工が必要になってきます。

クレモリス菌FC株

クレモリス菌FC株は、フジッコの善玉菌のチカラに配合されている菌種。
力強い粘りがあるのが、他の乳酸菌には見られない特徴です。
カスピ海ヨーグルトに含まれている乳酸菌としても知られています。

内側から腸内環境を元気にしてくれる働きが強く、便秘解消はもちろん、健康維持や美容などにも活用することができます。

力強い菌なので、特に加工されていない状態でも、生きたまま腸まで届きます。
その為、実感度が非常に高いと評価されています。

フェカリス菌

フェカリス菌は、久光製薬EC-12に配合されている乳酸菌です。
球形の乳酸菌で、サイズは500ナノメートル程度。
久光製薬EC-12に配合されているフェカリス菌は、通常の5分の1ほどの大きさしかありません。
その非常に小さなサイズ故に、吸収されやすいというのがメリットです。

ナノサイズの乳酸菌なので、一度にたくさん摂取しても、無理なく吸収することができます。
それ故に、優れた働きを実感できるのが特徴です。

相性をチェックしよう

人によって、実感しやすい乳酸菌は異なります。
その為、よりしっかりとパワーを感じるには、相性の良い乳酸菌を見つけることが大切です。

相性の良い乳酸菌を見つけるには、実際に飲んでみるのが一番!
まずは初回割引やお試し価格でサプリを試してみて、実感しやすい乳酸菌のタイプを探ってみるのもおすすめです。

ラブレ菌

ビフィズス菌を後押しするパワーが期待されています。
強い生命力を持っているのが特徴で、生きたまま腸まで届く数少ない菌種です。
悪玉菌の増殖を抑えて、腸内環境をイキイキとした状態に導いてくれます。

ガセリ菌

日本人と相性が良いと言われている乳酸菌です。
酸素の有無に関わらず育ち、悪玉菌をしっかりと抑え込みます。
乳酸菌革命に配合されています。

ラクリス菌

熱に強い性質を持っているので、生きたまま腸に届きます。
乳酸菌の中でも、腸にとどまっている時間が長いという性質を持っています。
実感度の高い善玉菌です。

オリゴ糖について

オリゴ糖は乳酸菌とは異なり、生き物(菌)ではありません。
糖の一種です。

しかし、腸内環境を整えてくれるという意味では、プロバイオティクスと同じ!
その為、数多くのサプリメントに配合されています。

オリゴ糖は、胃酸や体温の熱などの影響を受けることなく、腸まで到達するのが長所。
確実にしっかりと腸に届くのです。
そして、乳酸菌の栄養分となることで、善玉菌を活性化してくれます。

トップに戻る