プロバイオティクスを使いこなそう!
メインイメージ

腸内環境を改善へと導くエクオール

かつてより大豆製品がヒトの身体に効果をもたらすことは多くの研究結果やデータなどでも発表され実際に製品として試されてみた方も多いことでしょう。

大豆イソフラボンと認知度の高い名称でありますがこのイソフラボンは「ダイゼイン」「グリシテイン」「ゲニステイン」の3種類あります。
これらのイソフラボンはサプリメントや健康補助食品の成分として活用されています。

しかしこの3種類の中でもダイゼインについては他の2つとは異なり腸内細菌によってエクオールという成分へと変換されています。

エクオールへと変換されることにより更年期障害の症状改善効果が期待できます。
そこに乳酸菌を取り込むことにより相乗効果を生み出します。
ダイゼインがエクオールへと変換されビフィズス菌や乳酸菌によって代謝されることにより腸内環境が改善されビフィズス菌が住みやすい環境を作る効果があります。
乳酸菌が腸内までたどり着いてもすぐに消滅してしまう傾向があります。
活発な働きを行う乳酸菌を誕生させるためにもエクオールを作り出し腸内環境を整えていくことが大切です。

エクオールには作りやすい(エクオール)タイプと作りにくいタイプの体質に分かれます。
日本人では50%といわれ日ごろの食べ物や生活習慣などによっても異なります。
腸内環境を整えるためにエクオールを作り出すためにはヨーグルトやチーズに含まれている乳酸菌株ラクトコッカスが推奨されています。

トップに戻る