プロバイオティクスを使いこなそう!
メインイメージ

色々な種類の乳酸菌を摂ろう

お腹の中にあるお花畑ってなんでしょう?なぞなぞのようですが実際体内には「フローラ=お花畑」と名のつくものがあるのです。
それは腸内フローラ。
腸の中には細菌がたくさんあり、まるでさまざまな花が咲くお花畑のようであることからこう呼ばれていて、私たちの生命活動に大きく関わりがあります。

腸内フローラの中の細菌の種類は数百種、その数は100兆個とも言われていて、大きく分けて善玉菌、悪玉菌、日和見菌の三つのタイプで構成されています。

身体の状態は腸の状態で決まると言っても過言ではありません。
腸が健康であることは免疫力を高め、病原菌の感染を防いでくれたり、便秘や下痢を防いでくれます。
その腸は腸内フローラのバランスで決まります。
もちろん善玉菌が多くて、悪玉菌が少ない方が健康な腸であると言えます。

善玉菌が優勢の腸であるためにはどうすればいいのでしょう。
それはきちんと乳酸菌を摂取することです。
ヨーグルトや発酵食品をたくさん摂ればいいのかというとそうではないのです。
気をつけなければならないのは量をたくさん、ではなく種類をたくさん摂ることが重要であるということです。

同じ種類の乳酸菌を摂取してもバランスが偏り、腸内フローラの状態は悪くなります。
一つの食品からではなく、サプリメントを利用するなどしてさまざまな種類の乳酸菌を摂り、いつもたくさんの種類の花の咲くフローラをお腹の中に持ちたいものです。

トップに戻る