プロバイオティクスを使いこなそう!
メインイメージ

乳酸菌で腸を綺麗にしましょう

腸は人にとって大切な器官でもあります。
腸はただ人が食べた物を消化し、便として排出されるための器官ではありません。

腸は身体全体の健康状態を左右していると言っても過言ではないのです。
腸内に住む細菌には、400種類の細菌があります。

細菌だけでもその重さは1キロを超えるのです。
腸の中には善玉菌と悪玉菌とが生存しています。

悪玉菌の中には、有害物質が含まれており、発がん性物質なども生きているのです。
腸の中にある善玉菌が優勢であれば、腸内環境や身体全体も良好な状態なのですが、悪玉菌が優勢であれば、下痢や便秘を繰り返すことになり、身体全体も不調になってしまうのです。

乳酸菌を取ることによって、腸の中にいる菌を善玉優勢にさせることができます。
しかし乳酸菌はそのままの状態だと、腸の中に届くまでに多くが死滅してしまいます。
死滅した乳酸菌も腸の中で悪玉菌を吸収して、体外へ排出してくれる効果があるのです。
腸の中で乳酸菌を活かすためには、生きた状態で腸の中へ送り込んであげる必要があります。

乳酸菌を含む食品にはヨーグルトや糠漬け、乳酸菌飲料などがありますが、ほとんどの乳酸菌が生きた状態で腸に届くことがありません。
そこで服用したいのが、乳酸菌のサプリメントです。

乳酸菌のサプリメントであれば、胃酸で溶けやすい乳酸菌を腸へ届けるために、さまざまな工夫が施されている製品もあります。
胃酸で溶けないカプセルで包み込んだものなどがありますので、こうしたものを選ぶとよいでしょう。

トップに戻る