プロバイオティクスを使いこなそう!
メインイメージ

乳酸菌で花粉対策をしましょう

毎年訪れる花粉症の季節。
憂鬱になってしまう方もいることでしょう。
日本人の多くが一月下旬から三月上旬までに飛散するスギ花粉に悩まされているのではないでしょうか。

シーズン中は、目が痒くなったり、鼻水や鼻詰まりに悩まされてしまいます。
実は乳酸菌を摂取することで、この花粉症の症状を緩和させたり、おさえたりする効果があります。

花粉症の方は、乳酸菌を積極的に摂取するとよいでしょう。
乳酸菌には膨大な種類の菌があり、そのごく一部の菌だけが花粉症に効果があるのです。
花粉のシーズンになるよりも少なくとも約一か月前ぐらいから、効果のある乳酸菌が入ったヨーグルトを毎日食べ続けることにより、花粉症の症状をおさえることができます。
花粉症のシーズンは少なくとも2か月間は続きます。
その間、薬を服用し続けると、薬の副作用もかなり心配になります。
薬の副作用として代表的なものには、鼻が痛くなったり、頭痛や、喉の渇きなどがあります。

風邪の時は、薬の服用の期間は三日から長くても一週間程度であるため、薬の副作用をそれほど感じることはないのですが、花粉症の時期はこの副作用に長期間悩まされなければなりませんので、当の本人にとってはかなり辛いものがあります。
乳酸菌は、花粉症の薬と比べると即効性はありませんが、強い薬の副作用をほとんど感じずにすみます。

また乳酸菌を摂取し続けることで体質の改善を行うことができます。

トップに戻る