プロバイオティクスを使いこなそう!
メインイメージ

乳酸菌でインフルエンザを予防できるのはなぜ?

乳酸菌とインフルエンザウィルスとの関連性については、近年明らかになってきつつあるまだ比較的新しい研究分野です。

しかしながら、ようやくはっきりしてきたことは、腸内環境を整えると免疫力がアップするらしい、ということです。
免疫力を高めておくことは、インフルエンザウィルスが仮に、体内へ侵入してきてもその威力を封じ込める力が強いということになります。

つまり、ウィルスをもらっても発病に至らずに済む確率が高くなるということなのです。
現在はまだまだ研究途中の段階ですが、乳酸菌によって腸内環境を善玉菌優勢にしておくことによって腸内環境を整えておけば、インフルエンザウィルスにも対抗しうる強い身体を作る可能性がかなり高いのです。

一般的に乳酸菌ときくと、ヨーグルトやチーズといった動物性の発酵食品をイメージする人が多いのですが、実はこうじや味噌、醤油、漬けもの、納豆といった日本人が昔から慣れ親しんだ食材にも乳酸菌が含まれておりこれらを使った和食を毎日の食事に意識して取り入れることでも腸内の善玉菌が理想的な状態になっていきます。

毎日ヨーグルトやチーズを食べるのはちょっときついな、と思う方は和食中心の食事スタイルに変えるだけでも善玉菌を増やす効果があります。
インフルエンザは一見風邪とよく似た症状でありながら、時に命の危険を伴うほどの重篤な症状になることもある、怖い病気です。
日頃から乳酸菌を積極的に食事に取り入れて免疫力を高めておきましょう。

トップに戻る