プロバイオティクスを使いこなそう!
メインイメージ

乳酸菌は何から摂る?

最近、腸内環境が健康に大きな影響をもたらすとよく聞くようになりました。
腸内環境が良ければ免疫力が高まり、病気にもかかりにくくなるようですね。
腸内の善玉菌を増やすには、やはり乳酸菌を多く摂ることが大切です。

これまでヨーグルトを食べることで乳酸菌を摂ってきた私たちですが、実はヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸に到達する前に死んでしまうものがほとんどです。
ではどのようにして、生きた乳酸菌を摂れば良いのでしょうか。
最近ではヨーグルトでも生きたまま乳酸菌を腸まで届けるといった商品があるので、それを食べるのも良いでしょう。

ただし、市販のヨーグルトには添加物がわりと含まれているので、毎日食べ続けて良いのか気になります。
そこでおすすめしたいのが、味噌、納豆、醤油など、日本人が食べ続けてきた食品。
これらを日々意識的に摂るだけでもだいぶ違います。
もっと効率的に乳酸菌を摂りたいという方には、乳酸菌サプリがおすすめです。
いろいろなサプリメントメーカーが開発をしており、サプリの構造に工夫をして、腸まで乳酸菌を守れるようなものもあります。

一口に乳酸菌といっても、その種類は数えきれないくらいあり、各メーカーで開発が進んでいます。
それぞれのメーカーによってそのもたらす効果が違ってくるので、どんなことを期待して飲むのかによって、選ぶと良いでしょう。

乳製品のメーカーや食品メーカーによって得意分野があるため、まずは比較してみるのもおもしろいのではないでしょうか。

トップに戻る