プロバイオティクスを使いこなそう!
メインイメージ

乳酸菌はいつ摂取するのがおすすめ?

乳酸菌には便通改善の効果もありすし、大腸を綺麗にしてくれるということから、かなりの美容効果も期待できます。
さらにはダイエットの効果を高めてくれるという効果もあり、その存在は人間にとって欠かせないものであるといえます。
そんな乳酸菌ですが、乳酸菌はもともと人間の体の中に生息している菌の一つであるということをご存知ですか?

人間が生まれたばかりのころ、つまり赤ん坊だったころに、乳酸菌はその体を悪い菌から守ってくれていたのです。
そして、乳酸菌は人間が成人した後でもかなりの数がその腸内に残っているのです。
ですが、赤ん坊の場合と違って、成人者の腸内にいる乳酸菌は増えることがありません。

ですから、乳酸菌の様々な効果を実感しようと考えた場合、外部からそれを摂取しなくてはならない、ということになるのです。
近年では乳酸菌は健康を促進するとしてかなりの注目を受けているので、それにあわせた商品が多数開発されており、その結果として乳酸菌を摂取することはそれほど難しくないことだといえるようになりました。
さて、そんな乳酸菌についてですが、同じ量の乳酸菌を摂取したのなら、時間帯やそのときの体調にかかわらず体にもたらせる効果は同じである、というわけでは決してないのだということを覚えておいてください。

乳酸菌は口から摂取されるとそのほとんどが胃酸により死んでしまいます。
ですので、なるべく胃酸の出にくい時間帯、つまり、食事を終えた後や空腹時などの時間を見計らって摂取するとより効果的であるといえます。
さらに、乳酸菌には悪玉菌と戦う効果があるので、この悪玉菌の数が増えてしまっていると、乳酸菌の数はどんどん減っていってしまい、その効果もそれに合わせて低くなっていってしまいます。
悪玉菌は普段ストレスを感じているときに増えるということがわかっています。
ですので、乳酸菌による効果をより大きいもの使用とした場合、なるべくストレスをためることのないせいかつをするように心がける必要が出てくるのです。

トップに戻る