便通改善作用

乳酸菌と一緒に摂取すると効果的なもの

便秘がちな方にとって乳酸菌は弁の通りを良くしてくれる非常に役立つものであると思いますが、ではどうして乳酸菌が便の排出をスムーズに行えるようにしてくれるのか、その理由について知っている方はどれだけいるでしょうか。
乳酸菌が便秘を解消するのに役立つわけは、乳酸菌が増えることにより大腸に様々な変化が引き起こされるからであり、その結果として便通の改善に繋がるということなのです。
女性は何をしているわけでなくとも便秘になりやすいとされています。

女性には生理があり、その直前になると大腸の動きが悪くなってしまうということなどもその理由の一つだといえます。
そこで乳酸菌が必要になってくるのですが、乳酸菌は大腸が活動を起こすために必要な乳酸を作り出してくれる細菌であるのです。
乳酸菌の中でも特にビフィズス菌は乳酸だけでなく酢酸まで作り出してくれて、この酢酸も大腸の活動を活発にしてくれるものであるから、ビフィズス菌はまさにバイオプロティクスの代表格であるともいえます。

他にも、乳酸菌は便の水分量を増やしてくれる効果があります。
便秘時になると便の水分量は著しく減ってしまっているのですが、便の水分量が低いと便は硬くなってしまって、排便がさらに困難になってしまうということなのです。
ですので、乳酸菌を適度に摂ることにより、便の水分量を一定上にし、やわらかく健康的な便にして、便通を改善することが必要になってくるのです。
そんな乳酸菌についてですが、実は乳酸菌とあわせて摂取することにより、乳酸菌の効果をさらに高めてくれ、さらにはそれ自体も便秘改善に大きく役立ってくれるという便利なものがあるのです。

それは食物繊維です。
食物繊維は野菜や穀物などに含まれているもので、その効果は人の腸をきれいにしてくれたりするとても便利なものです。
食物繊維と乳酸菌を一緒に摂るとどうして効果的なのかというと、実はこの食物繊維というものは、乳酸菌のえさにもなってくれるものなので、その結果としてさらに乳酸菌の効果が高められることになるのです。

Copyright(C) 2013 体に必要不可欠な栄養素 All Rights Reserved.