プロバイオティクスを使いこなそう!
メインイメージ

乳酸菌飲料に「殺菌」と書かれてあるものについて

乳酸菌についてですが、現在の日本では体の調子を整えるために効果的なプロバイオティクスを意識した製品が多数販売されています。
プロバイオティクスと聞くと、なんだか難しい意味の言葉なんだろうなと思うかもしれませんが、実はそうではなく、言葉自体はとても簡単な意味を持っています。
プロバイオティクスとはつまり、腸内バランス、腸内フローラをよりよい状態に改善してくれる効果を持つ微生物のことを総じて言った言葉であるのです。

つまり、乳酸菌もプロバイオティクスの一つであり、さらにはその代表格であるということがいえます。
そんな乳酸菌についてですが、乳酸菌を含んだ商品として誰もが思い浮かべるのはヨーグルトなどの乳製品ではないでしょうか。
その想像通りヨーグルトは乳酸菌を多分に含んだ食品で、近年では乳酸菌の種類にも着目したヨーグルトが多数販売されています。

他にはどうでしょうか。
最近になると、乳酸菌飲料というものが注目を集めているような気がします。
乳酸菌飲料とはその名の通り乳酸菌を含んでいる飲み物のことです。

ヨーグルトを食べるよりも簡単に乳酸菌を摂取することができるので、かなりの人気を持つ商品であるのが乳酸菌飲料なのです。
そんな乳酸菌飲料についてですが、中にはパッケージに殺菌済みと書かれた種類のものも存在しています。
せっかくの乳酸菌飲料なのに、菌を殺してしまっているというのです。

ですが、これは別におかしなことではありません。
むしろ、商品の質を高めるために必要なことであるといえます。
乳酸菌はたとえ死んでいたとしても腸内にまで届いたのならその効果を存分に発揮してくれます。

というより、生きた乳酸菌を摂ったとしてもそのいくらかは胃酸に当てられて死んでしまうことになるのです。
つまり、乳酸菌飲料に「殺菌」と書かれていたとしても、 乳酸菌による健康効果を得ることができなくなってしまう、ということでは決してないのです。
ですので、乳酸菌については殺菌済みと書いていても特に気にする必要はないといえます。

トップに戻る