プロバイオティクスを使いこなそう!
メインイメージ

食品の中での乳酸菌の役割

人間の腸は、体の健康状態を左右するとても重要なものですので、腸の調子を整えることで様々な効果を実感することができるようになります。
健康な体を作りたいという方にとっては、腸の状態を改善することは欠かせない要素になるのです。
では、腸の調子を整えるためにはどのような方法を実践する必要があるのでしょうか。

腸は体の内側の部分、つまり内臓ですからそう簡単に改善できるものなのかと疑問に思ってしまうかもしれません。
ですが、とても簡単に腸の調子を整えてくれるものがあるのです。
それは乳酸菌です。

乳酸菌は善玉菌の一種で、乳酸菌を摂取することにより腸の調子がよくなり健康にも繋がります。
ですので、乳酸菌を摂取することを習慣づければ体の内側から改善することができるのです。
さて、そんな乳酸菌についてですが、乳酸菌はどんな食品の中に含まれているのでしょうか。

また、乳酸菌の食品の中での役割についても知っておいたほうがいいと思います。
乳酸菌はヨーグルトやチーズなどの発酵食品の中に含まれています。
さらにいうと、乳酸菌は動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分けられるのですが、ヨーグルトやチーズは乳から作られるものですので、この場合は動物性乳酸菌であるといえます。

植物性乳酸菌の場合は日本人にとってかなりなじみの深い食品の中に含まれているということがわかっています。
それは、味噌や醤油、漬物などを代表とした日本に昔から伝わる発酵食品です。
ここで乳酸菌に食品内における役割について考えてみます。

乳酸菌は人間の腸内に入ると、人間の体を健康にしてくれる様々な働きをしてくれますが、それが食品の中での役割となると、中々イメージがしにくいかもしれません。
しかし実際、乳酸菌の役割はとても簡単なものなのです。
それは、食材を醗酵させるということです。
食材を醗酵させることにより風味を強くしたり、他にも色合いを変えたりなど、様々な効果を乳酸菌は発揮してくれます。

トップに戻る