プロバイオティクスを使いこなそう!
メインイメージ

途中で死んでしまう乳酸菌にも意味がある

身体の免疫力の多くを担っている腸。
つまり腸の健康は身体の全体の健康と繋がっています。
腸の中には百兆個の菌がいると言われ、私たちの見えないところで毎日せっせと活動しているのです。

善玉菌を増やすためヨーグルトや味噌などの発酵食品を意識して食べ続けている健康志向の高い方も多いと思います。
「生きた乳酸菌が腸まで届けば腸の状態も良くなるはず」・・・と、ちょっと待ってください。

経口で摂取した乳酸菌は腸に届くまでには胃などの消化器官を通過しなくてはなりません。
その過程で胃酸や酵素の力で乳酸菌は死んでしまうのではないでしょうか。

実はこれは事実で、たくさんのヨーグルトを食べても、サプリメントを飲んでも、その乳酸菌の多くは腸にたどりつく前に死んでしまうのです。
だったら乳酸菌を食べていたのは無意味だったのか!とショックを受けないでください。
発酵食品が健康に良いことは事実ですし、そもそも生きているから良くて死菌ではダメというわけではないのです。
なんと死んだ菌でも腸の免疫細胞を刺激し活性化してくれる働きがあるのです。

もちろんCMで良く耳にする「生きたまま腸に届く乳酸菌」ももちろんあります。
生きて腸に届く乳酸菌には悪玉菌を減らし善玉菌を増やす作用があり、死菌となる乳酸菌には腸の免疫力をアップさせる力があるのです。
数百種類あると言われている乳酸菌、色々な種類を摂取することが大切であると言えるでしょう。

トップに戻る