プロバイオティクスを使いこなそう!
メインイメージ

乳酸菌は身体の中でどう働くの?

乳酸菌はヨーグルトや発酵乳、チーズや味噌、醤油などに含まれています。
身体によいと言われている乳酸菌ですが、その働きについては腸内環境をよくすることが一番知られていることではないでしょうか。

腸内環境をよくする以外にも、乳酸菌にはさまざまな働きがあります。
がんを抑制する効果や、免疫力を上がる効果、血中のコレステロール値を下げる効果や、血圧が上がるのを防ぐ効果などがあります。
また乳酸菌の中には、インフルエンザに効果がある特殊な菌もあります。
身体の中にインフルエンザ菌が侵入すると、感染細胞を攻撃してくれるため、インフルエンザに感染せずにすむのです。

L-92乳酸菌という菌なのですが、普段からこの菌を摂取していると、インフルエンザウィルス感染を抑制してくれる効果があるのです。
通常の乳酸菌にも、身体を悪い菌から守ってくれる免疫効果があります。
人の身体には免疫細胞というものがあります。
この免疫細胞の半数以上が小腸に存在しています。
毎日乳酸菌を摂取する習慣があれば、普段から病気に負けない身体を作ることができるのです。

また乳酸菌は、小腸に存在する免疫細胞を活性化させてくれる働きがあるので、乳酸菌は毎日積極的に摂取したい成分の一つでもあるのです。
身体の免疫力を高めていくと、がんを抑制する効果も高まっていきます。
他にも乳酸菌はアレルギー体質を改善してくれる効果もあります。

トップに戻る